« 正月2日の救急車 | Main | この3ヶ月 »

January 22, 2006

M子のメール その2 見まい解禁まで

M子のメール、第2弾。この時期はなかなか状態が安定せず、日々一喜一憂していたものだ。
特に病理の結果が出て放射線をやることになり、退院が大幅に延びたのにはガックリきていた。そんな頃。


▼Subject:Chico君の経過
Date:Fri, 07 Feb 2003 18:45:57 +0900 (JST)
皆さんこんばんわ。M子です。ちょうど術後一週間が立ちましたがおかげさまで経過は大変良好です。最近は寝てばかりでは疲れるらしくベットに座って普通に話も出来ますしトイレも自分で歩いて行けるまでになりました。でも相変わらず顔のけいれんだけは治まらないようで本人も少し辛いようです。後十日ほどで抜糸だそうで髪もいよいよばっさり切る決心もついた様子です。でも似合うのかなぁ(^^;)お見舞いにいらして頂ける日ももう近いと思います。


▼Subject:ついに解禁(*^_^*)
Date:Mon, 10 Feb 2003 16:49:41 +0900 (JST)
皆様こんにちは♪M子です。Chicoくんからメールがあったかと思いますがお見舞いオッケーになりました(^o^)/お時間ありましたら是非励ましにいらして下さると嬉しいです。まだ頭の傷が生々しいですが。。。窪塚くん、と言いたいとこですがビルマの堅琴って感じですかね??


▼Subject:Chico君の経過続報
Date:Tue, 11 Feb 2003 23:34:05 +0900 (JST)
M子です。今日も様子見てきましたが昨日のリハビリがどうやらハード過ぎたらしくちと発作が起きてしまったみたいです。まぁ回復していく課程において仕方がない事みたいですが。そろそろ退屈しだしたようなんでぜひ皆様お時間ありましたら宜しくお願いしまぁす(*^_^*)


▼Subject:(;_;)
Date:Fri, 14 Feb 2003 14:43:34 +0900 (JST)
こんにちは、M子です。Chicoくんの調子なんですがこのところリハビリが始まり疲労したのかあまり良くなく長い痙攣が頻発しているようです。今日お母様からも今週末のお見舞いは大変申し訳ないのですがご遠慮させて頂きたいとの事です。彼も皆さんが来て下さるのを心待ちにしていたのですが・・ほんとごめんなさいです。あと入院期間ですが新たな治療が加わる事が夕べ決まり、その為三月末くらいまでに延長しそうです。 又体調が回復してきたら是非励ましに来てくださいね!宜しくお願い致します。


▼Subject:その後・・
Date:Fri, 21 Feb 2003 22:53:40 +0900 (JST)
皆様こんばんわ。M子です。先週はせっかくのお見舞いお断わりしてしまい申し訳ありませんでした、励ましのメールもたくさん頂きありがとうございました。Chico君の様子ですが、相変わらず発作が治まらず本人も少し疲れてきているようです。個人差があるので先生もいつ治まるとは言えないようで・・三寒四温と言う言葉通り春が来るまではまだまだ行きつ戻りつしながら彼も良くなっていくのかもしれないですね。では皆様も風邪など引かないよう頑張ってくださいね♪


▼Subject:お見舞い解禁
Date:Thu, 13 Mar 2003 16:24:37 +0900 (JST)
M子です。皆様お元気ですか?
Chico君ですがこのところ発作もほとんど治まりまして大分元気を取り戻してきました。本人も退屈しはじめ、皆様にもお会いしたいようですのでもしお時間ありましたら見舞って下さると大変嬉しいです。個室なんで面会時間はうるさくありません、夜の八時くらいでも大丈夫です。平日は放射線治療やリハビリで部屋にいないこともあるのですが土日はお休みなのでずっといると思います。よろしくお願いします。

|

« 正月2日の救急車 | Main | この3ヶ月 »

Comments

お久しぶりです。Chicoさん!
新年早々の記事は、とてもひやひやで読ませていただきました。腸内の出来事で何よりです。その後は、快調ですか?
父の方も年明けから放射線治療が始まりました。現在、15日ほど経ちますがここにきて、疲れやすくなってきているようです。
放射線治療終了後は、抗がん剤治療が始まります。点滴の抗がん剤はかなりキツイのでしょうか?この頃、治療を乗り越えるためにChicoさんがされていたことなどはありますか?
現在、治療中の父に同じ経験をされたChicoさんから何かエールのような一言いただけませんか?どうも、未経験者の私が掛ける言葉は場違いのような気がして、本人に申し訳なくて。
まだまだ寒いです。お体お大事に。
次の更新、楽しみにしています。

Posted by: kif | January 27, 2006 at 01:37 AM

>kifさん
おかげさまでこちらは快腸です。

よくテレビでやっている抗がん剤治療では、吐き気に襲われながらも健気に闘う少年少女などが取り上げられているので、それなりに覚悟していたのですが、自分はそんなハードではありませんでした。その日1日食欲が落ちるぐらい。もちろん個人差はあると思いますが。

体への影響は、治療の目的が“攻め”か“抑え”かでかなり異なると思います。外科手術ができない部位の場合、薬と放射線で叩くしかないのでダメージも大きくなりがちというのはご存じだと思いますが、お父上の場合は手術に成功しているので、それほどキツクなることはないのでは。

どうも生来の好奇心旺盛ぶりで、未知の事はたとえ病気の治療でも楽しんでしまう気持ちがあったので、放射線が始まるあたりまでは退屈せずにいたような気がします。反対に、毎日決まった治療になってくると段々嫌気が差してきて、退院を焦る気持ちから無理をしたりしました。

思い返すと「あれができない、これができない」という気持ちになった時は、うまくいかなかった気がします。昨日や明日の自分と比べずに1日1日を楽しむこと、その積み重ねでここまで歩いて来れました。

若輩者の言葉で恐縮ですが。

Posted by: Chico | January 30, 2006 at 02:15 AM

こんにちは。
Chicoさんに、ご報告致します。

お蔭様で、昨日、父が放射線治療を終えて退院することができました。
治療後半に、少し落ち込み気味だった父。
Chicoさんのお言葉に支えられ、治療を乗り切ることができました。

本当に本当にChicoさんに感謝しております。
ありがとうございました。

今後は抗がん剤治療が始まります。が、先の見通しがついたようで、最近は、とても元気に過ごしております。

まだまだ寒いですね。Chicoさんも、お体大切に、お仕事頑張って下さい。

更新、楽しみにしております。

Posted by: kif | February 10, 2006 at 06:21 PM

>kifさん
すっかりお返事が遅れてしまい恐縮です。
お父上の退院、おめでとうございます! まずは一段落ですね。

こちらは術後4年目に入りました。ついこの間のような、ずいぶん前のような。

Posted by: Chico | February 26, 2006 at 02:01 AM

Pretty nice post. I just stumbled upon your blog and wished to say that I have really enjoyed browsing your blog posts. After all I will be subscribing to your feed and I hope you write again very soon!

Posted by: Franklin | November 24, 2014 at 02:46 PM

Wow, that's what I was seeking for, what a data! present here at this webpage, thanks admin of this website.

Posted by: Free music downloads | February 27, 2015 at 06:14 AM

I like the valuable info you provide in your articles. I'll bookmark your weblog and check again here frequently. I'm quite certain I will learn many new stuff right here! Good luck for the next!

Posted by: fifa 15 coins generator | October 25, 2015 at 10:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26379/8288977

Listed below are links to weblogs that reference M子のメール その2 見まい解禁まで:

« 正月2日の救急車 | Main | この3ヶ月 »